ごあいさつ

学校保護者会会長 小野明

令和3年度 学校保護者会会長を務めさせていただく小野と申します。

平素より学校保護者会活動へのご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、昨年年初より感染が拡大し未だ終息の兆しを見せない新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活習慣や働き方、更にはそれらを含めた社会の在り方までが大きな変革を余儀なくされております。

そのような環境の中、我々の活動は子どもたちの学校生活に寄り添い、少しでも学校生活が充実したものとなるよう校長先生をはじめとする教職員の方々と共にサポートしていくことですが 日々変化する状況に合わせて、より柔軟にそして機動的な対応をしていく必要があると感じています。

今年度も広報委員会が中心となって運営する学校保護者会ホームページ「崇信」のデジタル配信や、研修委員会が企画する講演会のWEB配信など、ICT技術を活用することでコロナ禍であっても保護者の皆さまが参加しやすく、また親しみやすい学校保護者会活動を目指してまいります。

今年度も役員·委員一同、精一杯務めさせていただく所存でございますので、引き続き学校保護者会活動へのご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

学校保護者会前会長 児玉邦康

日頃より筑紫女学園中学校,高等学校学校保護者会の活動に、ご理解、ご協力を頂きまして誠にありがとうございます。私は2019年度、2020年度、会長を務めさせていただきました。思えば、この2年間で大きな社会的変革があったように感じます。

一つは、働き方改革。これが「学校」という教育の場にも入ってきたということ。もう一つは、「コロナ禍」によるスタイルの変化でした。昨年度については、コロナ禍において学校保護者会活動も制限を受ける中で、書面議決による総会から始まり、オンライン研修、Web版会報の発行など異例づくしの対応となりました。こうした中、無事任期を全うできたのは、ひとえに皆様方、他の役員の方々、先生方のご協力があったからこそであり、大変感謝しております。

今後、学校保護者会の活動は、「子ども達のためにどのようにあるべきか」ということを保護者自身が考えるという点で、益々重要になってくると思われます。今後とも、学校保護者会の活動につきまして、保護者の皆様方のご理解、ご協力のほど、宜しくお願い致します。

個別最適な学びに向けて(校長 松尾圭子)

新型コロナウイルスによって、教育活動が大きな影響を受けるようになって1年以上が経過しました。保護者の皆様におかれましては、お子様の健康や生活・学習面など多くの不安を抱えながらお過ごしのことと思います。

さて、児玉邦康 前会長をはじめ旧役員の皆様方には、新しい時代にふさわしい学校保護者会の在り方について熟慮を重ね、学校保護者会活動の改革に多大なるご尽力をいただきました。心から感謝申し上げます。また、小野明 新会長をはじめ、保護者の皆様方には今年度も引き続きよろしくお願いいたします。

本年度、本校は‘Teach Less, Learn More.’を掲げて改革を推し進めています。これは「教え込む授業から、自ら学び考える授業へ」という考え方です。本校がこれまで導入してきたICTや学習アプリ等の活用によって、一斉・一律の授業を減らし、子どもたちが世界中の知の資源に触れ、生徒一人ひとりに合わせて能力を伸ばす、「個別最適な学びをサポートする環境」、そして生徒一人ひとりが目標に向かって「主体的に学べる環境」を提供したいと考えています。

子どもたちが一度きりの人生を逞しく生き抜く力を身に付けられるよう、新たな教育活動に果敢に挑戦する所存です。今後とも本校の教育活動に一層のご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました